ストレスと過食からの脱却

私のダイエットの体験を書く前に太ってしまった経緯を書き、そのあとダイエットについて書きたいと思います。私がなぜ太ってしまったのかというと、その頃私は専門学校の寮生活を送っており、部屋は二人部屋、しかも1つ上の学年の先輩との相部屋でした。友達と一緒にいる時でさえ気を遣ってしまう自分が先輩と一緒の部屋だなんて、先輩のことは嫌いではありませんが毎日息がつまりそうな状態でした。そのストレスをお菓子を食べてごまかしていましたが、そのお菓子の量が日に日に増えていき私は知らない間にどうやら10キロも太ってしまったらしく、久しぶりに体重計に乗ると半年で48キロから58キロになってしまっていました。太ったせいで胃も大きくなっていたのか朝ごはんの食パンの量も1枚では足りず毎日一袋、つまり6枚食べないと気が済まなくなっていました。もうすぐ60キロになると思った時、60キロになってしまったら絶対に痩せられないと思い一念発起ダイエットを始めることにしました。専門学校に通う身でお金はもちろんありませんのでジムに通うことはできません。お金を使わずにできるダイエットということでウォーキングを始めることにしました。毎日晩御飯が終わった後19時から21時まで寮の周辺を歩きました。ウォーキングに出かけることで先輩と一緒にいる時間が減り、また寮の都合で全員が一人部屋となり、次第にストレスも減っていき慣れない2時間のウォーキングが楽しくなりはじめました。ウォーキングをしている時間というのは実に心が洗われる時間です。黙々と歩いている間、今日はこんなことがあったな、明日は何をしよう、これから先どんなことに挑戦していこうかなど様々なことを考える時間になり、ウォーキングが終わった後は程よく体が温まり気持ちが良いとともに心も清々しくなるのでした。ストレスの軽減と運動により次第に食べるものも野菜など健康的なものに変わっていき、少しずつ効果が出て痩せていくので体重計に乗るのも楽しくなっていました。着ていた服がぶかぶかになり買い換えなくてはいけなくなるという嬉しい悩みも生じましたが、ウォーキングダイエットのおかげでお金をかけずに体が健康的に痩せ、心も強くなることができ、本当に一石二鳥以上の収穫があったダイエットとなりました。
PR:タイツの着圧によるお腹痩せ